ビーグレン シミ 消える ウソ 本当

MENU

ビーグレンを使ってシミが消えるってウソ、本当?どっちなの?

ビーグレン シミ 消えた

 

ビーグレンで検索している人の悩みで多いのが、シミだと思います。シミって一度出来るとなかなか治りませんからね。特にアラサーやアラフォーになってくると尚更ですね。

 

シミって多分消えると言うよりは、薄くなると言った方が正しい言い方かもしれませんね。そりゃ、シミが消えてなくなれば、これ以上嬉しい事はありませんけどね。で、ビーグレンを使うと、何故シミが消えたように感じるのか?そこをもう少し詳しく説明していこうと思います。

 

それは、ハイドロキノンという成分のお陰なんですね。これは美白化粧品を謳っている、他の化粧品にも入っている成分なんです。どんな役割をしているかを言うと、シミを薄くするという役割があります。

 

ビーグレンのホワイトトライアルセットの中には、キューソームホワイトクリームというクリームが含まれています。この中に含まれているハイドロキノンは美白成分の中でも唯一「シミを薄くする、あるいはシミを漂白する事が可能な成分」と言えます。

 

ハイドロキノン

 

これだけ書くと、じゃ別にビーグレンでなくても、ハイドロキノンが含まれている他の美白化粧品、あるいはもっと安い化粧品を使えば、シミがなくなるのでは?という率直な疑問が湧いてきますね。

 

でも、物事はそう簡単ではないんですね。このハイドロキノンは、化粧品の中で使う場合に、配合の仕方がとても難しいという事です。配合する量が少ないとシミを薄くする効果、あるいは漂白する効果は期待出来なくなるという事です。

 

そうかと言って、ハイドロキノンを含める割合を5%以上にすると、皮膚科に行って処方箋を書いてもらわないといけないと云う事なんですね。その点、ビーグレンはガン治療に使われる最先端の浸透技術を使っています。

 

その浸透技術を使っているので、2%に満たない少ないハイドロキノンでもしっかりと肌の奥まで有効成分を届ける事が出来ると云う訳なんですね。ですから、シミの原因になっている部分に直接働きかける事が出来るという事なんですね。

 

ビーグレンの浸透技術

 

これが、他の化粧品メーカーには決して真似の出来ない部分という事ですね。ただ、デメリットもあります。それは使用する期間です。いくら浸透技術を使って、肌の奥まで有効成分を届けると言っても、一週間やそこらでは効果は期待出来ないと云う事ですね。

 

例えば、トライアルセットの場合であれば、約一週間分の分量しか入っていませんので、それ位の期間ではとてもシミは消えないと云う事です。ですから、良く口コミで見かけるような「一週間ほどで、シミが消えて無くなった」「シミが消えた」なんて言う口コミはウソか、大げさに書いているという事ですね。

 

じゃ、どれくらい使えば、シミが消えたり、薄くなったと実感できるかという事ですよね。これは、肌のターンオーバーにも大きく関係します。通常女性のターンオーバーは28日と言われています。ただ、これは若い女性の場合です。

 

これが、年齢が上がるに従って、ターンオーバーの期間も伸びると考えておきましょう。40代の女性で考えると、年齢×1.5倍くらいで考えるのが妥当だということです。と言うことは、仮に年齢を40歳と仮定すると、、、、
40 × 1.5 = 72  という計算式が成り立ちますね。

 

という事は、72日使い続けないとシミは消えてなくならないという事になる訳なんですね。
72日と言うと、使い始めて三ヶ月目という事になります。ただ、これは一般的な話です。これは人によって肌の状態は違います。生活習慣も違います。

 

と言うことは、使ってみないと分からないというのが結論ですね。ただ、ビーグレンの浸透技術は化粧品の中ではピカイチなので、肌に合わなくて使わないという事を除けば、シミを薄くしたりなくしたりする事は期待出来ると云う事ですね、

 

但し、ひつこいようですが、最後にもう一度お伝えしておきますが、最低でも三ヶ月ほどは使い続けないといけないという事になります。

 

 

より早く、シミを消す。b.glen

 

美白ケア(trial)